Take Vacations

これなら買える!あえて中古で乗る外車のススメ

一度見てみて!中古外車の世界

まず車を買おうと思い立った時に皆さんは何を基準に車種選びをしていますか?安い買い物ではない以上もちろん価格は重要ですよね?他にも車格やボディタイプ、今だと燃費も重要な部分かも知れません。で、色々見てみて「結局デザインがちょっと違う以外で何が違うの?」って思ったことありませんか?確かに今売られている国産車は個性的と呼ぶには程遠い「同じ様なデザイン」、「同じ様な形」、「同じ様な車」が多いですよね。そこでおススメするのが、ハマると楽しい中古外車の世界です。

中古外車はすぐ壊れる?修理代は?という疑問

どうせすぐに壊れて修理代も高く掛かるんでしょ?と思ったあなたはまぁまぁ良いとこ突いてるかも知れません。でも当たってる部分とそうじゃない部分があります。まず「すぐに壊れる」かどうかについて。確かに生産国や製造時期によっては強度的に不安がある部品を使っている場合もあるでしょう。だけどそれは「中古車だから」とか「外車だから」とかってことではないんです。強いて言えば「工業製品だから」ですかね。また今の外車メーカーのほとんどはとても大きなグループ企業になっており、各社での共有部品が多くなっていることから各部品レベルで信頼性が上がっていると言えるでしょう。次に「修理代が高くつく」かどうかについては預けるお店によって変わってくる部分が大きいかも知れません。もちろん部品に関しては輸入しなくちゃいけない部品もあるでしょうし、国内調達出来る部品もあります。でも実は大きく変わっちゃうのは作業工賃の部分なんです。外車を多く取り扱っているお店と、国産の「○○のメーカー専門」的なお店とでは作業そのものに掛かる時間が大きく変わっちゃうのです。そうなると自ずと「手間取った方がお金が掛かる」のです。

そんなわけでおススメ!狙いはエコなダウンサイジング

それでは外車をおススメする理由について書きます。まずは個性的な車がいっぱいあるということ。色も形も国産車にはない発想で作られた車達は知れば知るほど魅力的。ボディサイズもほとんどが日本の規定寸法に縛られずに作られた車達なのでパッと見は小さい車でも、いざ中に入ってシートに座ると想像以上に幅がタップリとってある座り心地の良いシートにビックリでしょう。また制限速度や設計思想の違いから小さな車でもボディがしっかりと作られている事が多い為、ドアを閉めた時の音や意外にもオーディオの音が良かったり、皆さんが驚く事が多い部分ですね。他にも国産車にはない多彩なカラーバリエーションや最近では軽自動車以外で見掛けることが少なくなった過給機付きエンジンが多いことも魅力の一つです。今の欧州車は小さなエンジンをターボやスーパーチャージャー等で過給するダウンサイジングエンジンが主流なので大きな車に見えても税金も安く、意外と燃費も良かったりするのです。今車の購入を考えている人は是非選択肢の一つに「外車」を入れてみて下さいね。きっと魅力的な車達に出会って、車選びが今までよりも何倍も楽しくなっちゃうこと請け合いですよ。

ボルボを中古車で買いたい場合には、大手の中古車販売店の取り扱い車種のポイントをチェックしてみることが良いでしょう。