Take Vacations

小さな頃から本物志向、木のおもちゃの魅力

自然素材で、心も育む

木のおもちゃの魅力はいろいろありますが、まず着目したいポイントは、自然素材であるということです。人工物では味わえないぬくもりを感じることができ、また、素材の安心感もあります。食べ物でも着るものでも、子どもに与えるものはできるだけ自然のものをと考えるのと同じように、おもちゃも自然からできたものを与えたいものです。適度な重さで持ち応えがあり、指先や手の訓練に役立つことも認められていて、脳の発達にもよい影響があるとされています。

シンプルさが、想像力も創造力も育む

小さな子どもの木のおもちゃの特徴のひとつに、デザインがシンプルなことがあります。特に説明書などがなくても、見ただけで子どもなりの遊び方を工夫でき、また、同じおもちゃでも年齢に応じていろいろな遊び方ができるものが多くあります。代表的ともいえる積木やおままごとをはじめ、自分で何かを作り、それをなにかに見立てて遊ぶ自由度の高さも魅力的です。一人でも、誰かとコミュニケーションをとりながらでも、違った楽しみ方ができます。

自分の子どもにも残せる丈夫さ

木のおもちゃは、丈夫さという点でも他のおもちゃの追随を許さない位置にいます。もともと流行に左右されない定番のおもちゃが多いということもありますが、手押し車や乗り物なども親子二代で使い継ぐことが珍しいことではありません。買う時に高価と感じるものも、そのように使い続けられることを考えると、けっして高いものではないといえます。他にも、パズルや楽器、プルトーイ、ゲームなどいろいろな木のアイテムが出ているので、おもちゃ選びの参考にしてみてください。

服より本よりも、できたらリサイクルに出したいと思うのがおもちゃ。そんなおもちゃの買取が、今は充実しているんです。実際の店舗に持っていく方法だけでなく、簡単に宅配に出して鑑定してもらう買取もあります。